ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

そしてまた映画・・・

今朝は粉雪がしっかり降り積もっています。
仙台は、私立高校の入試日。
受験生のみなさんは、朝起きて、さぞびっくりしていることでしょう。
遅刻しないでね。

さて、月曜日からちょっと寝付きが悪いので、気晴らし(いつも気晴らししているのですが)に、昨晩遅くまたまた映画を観てきました。

今回はコロンビア・アメリカ映画。
邦題「そして、一粒のひかり」という作品。
先日の「スタンドアップ」同様、女性が主人公。
こちらはシングルマザー前夜の17歳の女の子が主人公でした。
コロンビアの経済状況の苦しさとか、ごくごくフツーの日常のすぐ隣りには麻薬あったりと、ハラハラすることが全編通して散りばめられていました。
約2時間、これまた前回同様貸し切り状態でくつろぎながら観てきました。

出てくる男優はどれもこれもルックスが・・・・・。
一番良かったのは、街角でサルサを演奏していたロマンスグレーのバンドマン。
でも、ほかの男優は・・・・。
方や女優は、主人公はじめ数人が正統派コロンビア美人でした。
そうそう、女優さんたちの映画の中での変身(成長?)ぶりが見事でしたよ。

妊娠したものの恋人とは結婚せず、家計を支えていたけれど失業し、麻薬の売人になりトラブルに巻き込まれ・・・というストーリーでしたが、17歳の女の子がどのシーンにも自分で選択をしようと奮闘する姿が印象的な映画でした。

仙台では、セントラル劇場で上映中です。

音楽・・・良かったですよ。はい。
[PR]
by 1193ru | 2006-02-03 06:13 | MOVIE