ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自転車操業

時間が作れずに、慌てております。
緊急の連絡や対応が増え、予定通り進めることができません。
参っております。
タイムマネジメントし直さねば・・・・。

木曜日から福島へ行って来ました。
男女共生センターは、すーっごく立派な建物でした。
そこにたどり着くまでの坂道もすーっごく凄かったです。
急で・・・・・。
そうそう、二本松は羊羹が有名なのですね。
今回うかがうまで、菊人形しか知らなかったので、甘いモノ好きの私は深く反省した次第です。
特に「玉羊羹」なる、ゴムに入ったまぁるい羊羹を爪楊枝でぷつんと差して、ちゅるんと剥けたところをぱくっといただく羊羹には、ハートを鷲掴みにされた思いです。
たくさん買って来たけれど、あっという間に食べてしまいました。
もっと買って来ればよかった・・・・。

木曜の夜に到着し、翌日の打ち合わせをして就寝。
で、金曜日は朝から複数の講師が次々とワークを展開し、その一コマをハーティの八幡さんと担当させていただきました。
今回は、男女共同参画センターや女性センター等の相談員や人権擁護委員の方々を対象にした研修。
私たちの分科会は、約15名の参加。
事前に用意された事例を参加者とケース検討し、ヌエックから出されている設問に対応するというワークを展開しなくてはならないのですが、2時間という時間ではかなりキツいものでした。

今回、個人的にとってもエキサイティングな経験をさせていただいたように思います。
いつも講演やワークショップは一人で行って、一人でやって、というのがほとんど。
身内の講演やワークショップはなかなか参加する機会がないので、すっごくうれしかったですね。その上、一緒に展開できるなんて、とっても貴重な経験でした。
八幡さんとご一緒でき、これからの活動の肥やしをたっくさん頂戴しちゃいました。

いつぞやもワークショップについて書いたことがありましたが、ワークショップを行う時は、だいたい「3時間1セット」を基本にしています。
というのも、内容や参加者数は別として、「つかみ(導入)→作業→共有→共感」の4つのプロセスを行い、参加者個々人のこれからの活動(仕事)に具体的にどのような展望・希望を持ってお帰りいただくか、ということを目的としていたりするからです。
共有・共感の部分では、参加者数が30人以内の場合は、必ず発言していただくようにし、発言したことによって「参加した」という成功体験のような「お持ち帰り感」を持っていただく・・・・・というのが、まぁ、ワークショップだけではなくファシリテーションにも共通するのですが、私が大切にしているポイントだったりします。

そんな個人的な手法を八幡さんの手法とすりあわわせていただいたことで、今回の福島で行ってきたワークショップが出来上がったわけですが、元来欲張りな二人なもので、ご参加の方にはさぞ大変だったのではないかと心配したりもしました。
ただ、ハードだった反面、ご参加の方々は相談のプロですから、思う存分2時間走られてすっきりなさった部分もあるのかな・・・なんて思ったりもしました。
というのも、終わった時のみなさんの表情が、ホントとっても「いい仕事しましたなぁ」みたいな充足感でいっぱいにお見受けしたものですから・・・・。

ご参加の方々の力量のお陰で、しっかりゴールにたどり着き、その上、しっかり情報交換までできました。
すごく濃い2時間だったように思えます、

仙台に戻ったのが金曜夜。
それから昨日は自助グループへ参加。
で、夜はまたまた会議。
それで日曜にあいなりました。

原稿やレポート等、〆切のあるものから順番に対応しているのですが、もう、ホント手際が悪いと言うのか、遅筆と言うのか、さっぱり進みません。
で、そんな力不足の現実から逃避したいのか、しているのか、こんなに長々とブログを書いたりしているし・・・・・。
私って、私って、ホント、ダメ子。
土壇場に強いようで、意気地なしですね。

そうそう、昨晩、教育テレビでお寺について番組が組まれていたけれど、私が昨年から事ある毎に口にしている「お寺ネットワーク」はまさにあの線なんですよ。
どうして某寺院の住職は理解してくださらなかったのか・・・・。
残念無念で仕方がありませんが、いろいろあるのでしょうね。
また違う方向で、「お寺ネットワーク」を進めて行こうと思っています。
[PR]
by 1193ru | 2006-01-15 13:22 | モロモロ