ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

マラソンコース

昨日買ったNIKEの新しいシューズを履いて、綺麗な青空の下、所々凍った道路を走って来ました。

私の住む団地には大きな沼がいくつかあるのですが、どの沼にも曇りガラスのような氷がはっていました。その氷の上に木々がしなだれかかるように茂っており、まるで、枯れ枝たちがスケートしているような光景が広がっていました。
街路を走っていたら、白木蓮がグレーの天鵞絨を羽織ったような新芽を光らせていました。
街路樹の枝先がほんのり赤く染まりはじめていて、街全体がやさしくほんのり煙ったように見えました。
また、山を切り開いたアップダウンの効いた道を走っていると大きな森が。その森は幹線道路にはさまれた場所にあるのですが、時折、積もった雪が崩れる音や鳥の鳴き声が響くものの、深い静寂に包まれ時が止まったかのようでした。

青空の下、次々と広がる光景に、どこまでも走ってしまいたくなるような午前中でした。
今日のような一月の晴れた日に走るのが、とても好きです。
美しい青空の下、耳や頬が切れるような冷たい空気を切って淡々と走っていると、いつもグルグル頭を走り回っている思考が段々と消えて、すーっとした穏やかで澄み切った、何もない空っぽで幸せな感覚が全身に広がって行くからです。
自然と心身がすっとして来ます。
こんな心身の背筋(?)がすらっと伸びるような、そんな感覚は、一月の晴れ日にしか味わえません。

私のマラソンコース近くにはスペルマン病院があります。
先日の事件(スペルマン病院から赤ちゃんが連れ去られた)解決のために、たくさんの警察官が出動していました。
赤ちゃんの健康と一分一秒でも早くご両親の元に無事戻ることを、心からお祈りします。
[PR]
by 1193ru | 2006-01-07 14:47 | モロモロ