ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

風と雪の暗い朝

昨晩からの雪間じりの風が落ち着き、
朝焼けがうっすらと広がったかと思いきや、
あっという間に吹雪。
今朝は、モノトーンの世界に吹雪が舞っています。

路上生活のみなさんは大丈夫でしょうか。
今日は仕事は休み。
こんな時こそ会いに行きたいのですが、
今日も一日、家人の看病です。

ビッグイシューのベンダーさんの住まいはいろいろ。
ビッグイシューを始めてから、アパートや支援団体の施設に入居した方も数人いますが、ブルーテントで暮らしている方、ブルーテントも段ボールも寝袋も持たずその時々で寝場所を変えている方もいます。
只でさえ寒さが厳しいこの時期に、ブルーテントも段ボールも寝袋も持たず夜を過ごすのは、とんでもない恐ろしいこと。

私の住んでいる団地には大規模な公園があります。
その公園には大きな沼や森があり、その公園に住んでいる方が何人かいたようでした。
冬の特に寒さの厳しい朝、沼べりの穴の中で凍死した方が発見されることがしばしばありました。
凍死してはじめて気付く存在。
子どもながらに、そのことにひっかかりを覚えました。
その方はどうしてそんなところで寝ていたのだろう、と不思議に思いつつ、また、大人たちの様子が気になりました。
その方たちが、路上生活者だったというのがわかったのはずっと後。
そういうことが何度かあるうちに、大好きな冬の雪の朝が恐く感じるようになりました。

数年前からホームレス支援に参加させていただくようになると、その怖さを思い出しました。

外がずいぶん、明るくなってきました。
吹雪いてはいるものの、先ほどとはうって変わってほんのりとやさしい明るさを取り戻した空。
みなさんのご無事を祈らずにはいられない季節です。
[PR]
by 1193ru | 2005-12-19 07:34 | モロモロ