ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

何もない幸せ

毎日同じような日が続いていますが、決して同じ日はなく、
まぁ、当たり前なのですが、当たり前にいろいろあって、
デコボコを含めて一日が終わり、
家人が寝静まったあとひとりぼんやりし、
寝て、
起きて、
真っ暗な街並が段々と色彩を取り戻していく朝、
ホッと幸せを感じます。
そんな日々が続いていました。

今朝はそんな幸せが、我ながらちょっとうらめしく、もの悲しく感じています。

今朝の太陽はとても温かく、生姜湯を飲みながら、自分が生きていることをありがたく、本当に心からありがたく感じました。
窓から見えるこの風景、ひっそりと静まりかえった家並み。
いつもの風景が、とてもありがたくて、ありがたすぎて苦しくて、苦しくて、つい笑ってしまいました。

今日、仲間が再入院をします。
その方を思うと、胸が締め付けられます。
苦しくて涙も出ない。
それがまた苦しいのです。

無理を重ねた路上生活が、彼の体を予想以上に痛めつけたのでしょう。
先日の検査入院後、早々に再入院と手術が決まりました。

この時期の太陽は、昇りきると温かさが半減するのでしょうか。
8時を過ぎると部屋に差す温かさが、フッと押さえられるように感じます。
それとも、こんな心境だからでしょうか。

何もない幸せ。
当たり前にある周囲の方の存在。
でも、それが当たり前ではないことを、年々感じなくてはならないことが多くなって来てしまっています。
[PR]
by 1193ru | 2005-12-16 08:28 | ビッグイシュー