ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気遣いいただいたお礼

ブログを毎日ご覧いただいている方とお話させていただく機会がありました。
毎日・・・・本当にありがたいことです。
気にかけてくださっている方がいらっしゃることは、とてもありがたく、うれしいことですし、「しっかり生きなくちゃ」という思いが強くなります。
この場で大変恐縮ですが、心からお礼申し上げます。

その方曰く、
「(私が)生き急いでいるように見える」
とのこと。
「そんなことないですよぉ〜。最近は時間的にも精神的にも、肉体的にも余裕がありますよ。走ってなんていませんよ。どちらかと言えば、寄り道しながらスキップしている感じです」
とお伝えしましたが、伝わったかどうか・・・・。
コレ、本音なんですよ。

今、PCに向かいながら、この会話を基にいくつかのことを考えています。

ブログを介したコミュニケーションの特性。
文章力や日常の切り取り方やその表現方法。

前者についてはまた別の機会にしますが、後者について感じた思い付きを書きましょう。

このブログは、当たり前ですが私の日常の全ては書いておりません。
当事者支援をしていることもありますし、ドラマ24の如く全てを追う記録のようなことは、私にはとてもとても無理です(^^;)
私の日常はだいたい午前5時から始まります。
そこから書いていたら、読まれる方も飽き飽きしてしまいますよね。
ということで、書かないことの方が当たり前に多くあります。

その日、一番心に残ったことや書き残して置きたいことを書きたいのですが、やはり、前述したように当事者の個人情報保護がありますから、書きたいことに限って書けないということがほとんどです。
なので、最近は当事者の方と関わっていないかのように思われる方も多いようですが、今まで通り関わらせていただいております。
ただ、最近はディープな状況が続いており、書けないことが増えています。
そこら辺の関わりにご関心を持って読んでいただいている方には、期待を裏切ることが多くなっているかもしれませんね。
書ける範囲で書いて行きますので、ご理解いただけるとうれしいです。

表現方法について。
私の身近な方々だけではなく不特定多数の方もご覧になっているのは承知しておりますので、ちょっと距離を持ったような書き方になっているかもしれません。
しかし、ブログはこちら側からの一方的な発信ツールで、不特定多数の方々に向けていながら、かなり個人的な勝手なものの見方が優先されるツールのような気がします。
そこがブログの面白さでもあり、危うさでもあるのでしょうね。
そんなことを緩やかに意識しながら、その反面、ほとんど瞬間的・直感的な文章で書いていますので、私個人と直接話したことがない方は、
「読んでいて切ない」「痛々しい」
と思われるようです。
でも、本人は至って元気に日常を楽しみ、パワフルに遊びながら生きているので、ご安心くださいね。
・・・・・線は細くないですよ。そういう話ではないか。

そうそう、こんなことを言っていた方もいらっしゃいました。

「あのブログを読んで『切ない』とか『痛々しい』とか思う方は、その方の心に、何かデリケートなものがあるのでしょうね。そのデリケートな何かに、ブログの文章が触れたり、響いたりするものだから、そういう感覚を持つのではないかしら?」

鋭いなぁ〜・・・・と思いました。
自分も人様の文章を読んでいて、少し気持ちがキュンとするような時は、同じような体験や感覚を持っていたりします。
先述のコメントをくださった方も、そうなのかもしれません。
どこかで、「近からずとも遠からず」的な似たトーンの感覚をお持ちなのでは、と想像します。

それから、私は自分の行動にだいたいですが、大袈裟に言うと、期限と過程と成果を想定する方です。
なので、その計画に合わせて動くことが多いので、場合によっては結構スピードが出ているように見えるのかもしれませんね。

ということで、今後とも末永く勝手なことを書かさせていただきますが、どうぞよろしくお願いいたします!!
[PR]
by 1193ru | 2005-12-03 11:06 | モロモロ