ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

玄米ごはん

今朝は、玄米に古代米や麦、あわ等、十三穀物を一緒に炊きあげたご飯をいただきました。
十三穀米を始めたのが今年の春。
以前から玄米は食べていたけれど、美味しくて「ストレート玄米」(玄米だけのご飯)はご無沙汰気味です。

この十三穀米、私はとても気に入っているのですが、
父がダメ。
最近は、父用の精米ご飯を別に炊いています。
個人の好き嫌いがあるのでしかたがありませんが、やっぱり同じものを食べられないのは残念です。
マクロビ的な食事は、父は一切ダメ。
野菜の皮をむかずに使った料理は全部拒絶。
無農薬だよ、有機だよ、と説明してもダメ。

理由は、「貧乏臭いから」。

う〜む。
「美味しい」とか、「体にやさしい」とかいろいろな効果を伝えても、
「貧乏臭い」という理由で却下。
そんな父の生い立ちを考えてしまいます。

年々気むずかしくなる父。
その頑なな存在に、時に傷付き、時に怒りを覚える私ですが、最近はやっとこ父の生い立ちや経験に目を向け、父の凶器めいたギリギリの言葉を流すすべを身につけました。

誰かが一見「?」と思える執着を見せた時、
真っ正面からぶつかって傷付いたり、怒ったりせずに、
ちょっとひいてその人を丸ごと見つめようとしています。
それは、日々頑なになって行く父が教えてくれたことかもしれません。

玄米ご飯のお弁当を持って、今日一日を楽しみに出かけます!!

もんま
[PR]
by 1193ru | 2005-11-14 08:09 | モロモロ