ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LIVE!!

私は生きている。
ずいぶんと思う存分生きているように思う。
思いっきりやりたいことをしているように思う。
その一つが、ハーティ仙台での活動だ。
今日、某所でDVに関する講演をした。
日頃のハーティでの活動から学んだことを、思いっきり話してきた。
胸に、森塚さんがいつもつけていたレッドリボンを付けて、丁度、森塚さんと同じ年代の方々を前に、思う存分話してきた。

一期一会にしたくはないが、でも、もしかしたらもう会えないかもしれない、もう会わないかもしれない、その時悔やまないためにも、届けることは全て届けようと頑張った。
森塚さんの死から学んだのだ。

熱意は意外に伝わるものらしい。
うれしいことに、参加者の方々は身を乗りだして聞き入ってくれた。
質問もたくさん出た。
答えるたびに、拍手が起きた。
年代を超え、DV根絶をキーワードに参加者の方々と一体になれた気がした。
会場の一番後ろに、森塚さんがいたような気がした。
なんだかそんな気がして、何度も最終列に目をやりながら話し続けた。

2時間のLIVE 。
ハンドマイクを片手に、伝えまくった。
理解してくれただろうか?
きっと理解してくれたはずだ。
なんだかそんな手応えがあった。
拍手でいっぱいの会場を後にする際、胸のレッドリボンに手を添えた。
こんなに大成功したのは、きっと森塚さんが見守ってくれていたからだ。
そんな気がしてうれしかった。

私はちょっと元気になった。
森塚さんからいただいたモノを、ちょっと表現できたような気がしたから。
私はちょっと大きくなった。
森塚さんの死を、「かなしい」ではない位置付けを自分の中で見つけ始めているから。

今日は楽しかった。
明日も楽しくしなくては。
そう思う。
思う存分生きるためには、毎日を心から楽しみたい。
そのための努力を怠らず、楽しい明日を迎えたい。

明日はホームレス支援についての講演だ。
当分、巡業の日々が続く。

門間
[PR]
by 1193ru | 2005-10-18 23:14 | DV