ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

土日のシアワセとなつかしさ

土曜夜、川北秀人さんと久々にマシンガントークをし合いました。
いつもことながら、「語り合い」ではありません。
一年に数度しかお会いできないので、とにかく現状報告と課題・問題を述べ、で、解決に向けて先行事例の検証、門間スタイルへの変換を、すっごい早口で話し合います。
端から見たら、笑顔でケンカしているイカレた人たちに見えるんだろうなぁ〜・・・帰宅した今だからこそ、冷静に振り返り、そう思えます。

さて、今日はその川北さんが講師を務める「中間支援センター組織スキルアップセミナー」に参加しました。
中間支援センタースタッフではないので、オブザーバー参加でしたが、いやいや、この雰囲気、ホントなつかし〜っ!

せんだい・みやぎNPOセンターで働いていた頃、担当事業の助成金の関係で、年2回、2泊3日、ホテルに缶詰になって研修を受けていました。
全国の支援センタースタッフ17人と教育係(?)の川北さんで、昼夜を問わず熱い議論を展開し、支援センターの将来を(生意気にも)朝まで語り合いました。
(ちなみに、この17人、未だに各地でバリバリ活躍しています。今思えば、内容は極上、参加者は凄い強者揃いのすばらしい人材育成研修でした)
その研修で行ったワークは、支援センターの問題・課題を抽出し、それを解決するための対策を打ち出すというものがほとんどでした。
その時出た対策、対策に対するコメントは、それぞれの支援センターの規模や経過、提案者の組織内ポジション・スキルによって、段階や分野は異なりましたが、今日の講座の中でも、似たような対策やコメントが出ていました。

なつかしい〜。

日本財団の研修には、全国でも選りすぐりの先進センターの参加が多かったので、議論・検討された対策やコメントの進捗度を安易に比べることはできません。
でも、川北さんが講師ということもあり、なつかしさがいっぱいでした。

(実はこの文章を書くのは二度目です。
一度アップしたら、アクセスの関係で消えてしまいました。
なので、ちょっと書くのに疲れてて、かなり内容をはしょっております。
我ながら、残念!
でも、もうそろそろギブアップです)

支援センターを離れた今でも、川北さんや加藤哲夫さんといった、私に徹底してNPOを叩き込んでくださった方の講座をたまらなく受講したくなります。
年に一度でいいからこんな機会が得られれば、また翌日から初心に返って活動できる気がします。
もしかして、潜在的に年に一度くらいのリセットを求めているのかしら・・・・・。
仙台ではなかなかこのお二人の講座はありません。
それが残念でしかたがありません。

さて、早速ですが、本日学んだ経験を活かして、「お寺ネットワーク」の提案書を書き始めました。
昼ならったことが、夜のこやしになるなんて!!
あ〜、なんて効率の高い、シアワセな学びの循環なんでしょう!!
ということで、とっても役立つ実践的な講座でした。
機会があれば、ぜひみなさまもお二人の講座へ足を運んでみてください。

門間@MOVING AWAY (JANET KAY) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-09-11 23:57 | NGO/NPO