ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スタートダッシュ!

ビッグイシューが仙台で始まって、今日で5日目です。
朝からお天気だったので、出勤前に販売地点に寄ってみました。
トコトコと一番町四丁目商店街を歩いていると、お二人のベンダー(販売員)さんに
お会いしました。

お一人は、販売前、顔色が悪くなるくらい「自分にできるのだろうか?」と不安になっ
ていた方ですが、そんな不安いっぱいの方だったとは思えない程、
自信と希望でいっぱいです。
「一日中立っていると、いろんなことが見えてくるよ。自分だって人間だもの。通り
すがりの人たちに絡まれたり、冷やかされたりすると『なんだぁ、この人』と思って
ムカつくこともあるよ。でもね、そういう時は自分から一歩引かないとね。路上で販
売させてもらっていることもあるし、そうやって自分の夢ってゆうか目標を大切にし
て行くんだ。気がつくと飲み食いしないでやってるんだ。夢中なんだね、オレ」
(しっかり飲み食いしないと倒れるからね、必ず水分は摂ってね、と声がけしました)

夕方、街中の販売地点を一周しました。
時間が遅かったこともあり、お一人のベンダーさんにしかお会いできませんでした。
「お陰様で順調ですよ。でもね、仲間の中にはあんまり売れなかったり、立つのが辛
いって言っている人もいるんだ。私ね、今晩、そういう人たちに声がけしてみようと
思っているんだ。だってせっかく一緒に頑張ろうって言った仲間だし、やっぱりみん
な自立したいからそのきっかけにと思ってビッグイシューを始めたんだからね。販売
員同士で声がけするのって励みになると思うんだ。私だったら、きっとそうだからね」

暮れゆく空の下、心地よい脱力を感じました。
「当事者支援」について、あれこれ頭でっかちだったなと。
何かあったら、現場に目を向けよう、現場の声に耳を傾けよう。
当たり前だけれど、意識しなければすぐ見落としてしまう、大切なこと。
こういう時、私は自分の間抜けさを痛感します。

家に着くと、こはまさんからブログに貴重なコメントがありました。
「支援者としてではなく、共通する問題を見つけて、その当事者として、仲間になる
こと。『誰もが、当事者となる』です」

再び間抜けな自分を痛感しつつも、今日一日がありがたくて、しかたがありません。

門間@TALK(COLDPLAY) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-07-27 20:40 | ビッグイシュー