ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

残念なこと。

残念なこと。
人間関係のゴチャゴチャ。
人間関係は、点と点との結びつきが基本。
そこに信頼も友情も、仲間意識も思いやりもみ~んなつまっている。
片方の点が弱っている時は、そこにつまっているモロモロがあるからこそ、その点が
元気に回復できるように、自分のできることをする。
いつもそうだ。

残念なこと。
そうしていたら、片方の点が「もっと、もっと」となって来る。
これ以上できないというところまでやっても、「もっと、もっと」となる。
そして、弱った原因などそっちのけで、自分の要求が実現できないと攻撃をし始める。
そうすることで、本当の原因に向き合わなくてすむからだろうか。
そうすることで、生き延びようとしているのだろうか。

残念なこと。
一度くらいなら、原因に向き合うのが辛いのだ、と思って見守れる。
でも、ドンドン攻撃がエスカレートし、相手が踏み込んで来たら、ある時点で線引き
をして引き返すしかない。

残念なことは、今まであった人間関係を理不尽なことで止めなければならないことだ。

こんなことが起きる時、いつもそこにその点が抱えている問題が見え隠れする。
鬱、アダルトチルドレン、被害妄想、依存症・・・・・etc。
点に近づけば近づく程、問題が見えてくる。
その点自身が、その問題に向き合わなければ、きっとまたその点は同じことを繰り返
してしまうだろう。
苦しいだろうけど、
辛いだろうけど、
点と点の間にある目には見えないつながりを信じて、向き合うことを提案する。
苦しいから、辛いから、そんなことを提案する人間など邪魔になるのだろう。
要求が通らない上に、そんな提案をする人間には、いろいろな負の感情が湧いて
きても不思議はない。
気持ちはわかる。
そして、攻撃が始まる・エスカレートする。

だから、無理にとは言わない。
その辛さがわかるから、無理強いはできない。
でも、心の中では回復の第一歩を踏み出して欲しくて、攻撃されても、同じ姿勢でい
たいと思ってしまう。
共依存?
そうかもしれない(笑)
でも、その点の回復を強く、強く、願わずにはいられない。

門間@HOJE E DIA DE EL-REY(Milton Nascimento) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-07-26 07:05 | モロモロ