ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

石見銀山

閉所恐怖症なのかな、私。
銀山とか鉱山で坑道に入るは毎回とっても苦手。
お寺で「胎内巡り」なるものがあったりもするけれど、それよりもうーんと坑道に入る方が苦手です。
なので、最初は石見銀山に行くのはあまり気乗りがしませんでした。
たしかに、というか、やっぱりというか、坑道は苦手でした。
でも石見銀山一帯の地区の、風景、空気は、日常で蓄積してしまった心身の「こわばり」をほぐしてくれるには最適でした。
手入れされ再生された古民家の数々。
そこにある自然や生き物たちとの暮らすあんばい。
地区全体に流れる空気に、温かさと穏やかさがありました。
c0020127_1324238.jpg


石見銀山の地区には、一般車両は入れません。
近くの駐車場に車をおき、バスで地区に入ります。
バス停近くで自転車を借り、のんびりサイクリングをしながら地区を巡ります。
坑道や五百羅漢。
秋花が咲き始めた庭先。
野鳥が降り立つ小川。
その風景は、時間の流れが止まっているかのようでした。
[PR]
by 1193ru | 2014-09-23 13:08 | DRIVE