ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

子ども育成タウンミーティング

夜、「子ども育成タウンミーティング」に参加した。
パネリストの八幡悦子さんの話が聞きたくて、仕事をパタパタと終わらせ駆けつけた。

八幡さんは、私の所属しているハーティ仙台のほか、グループMOMO、リプロルームせ
んだい、東北HIVコミュニケーションズなどのNPOで、「女性・子ども・性」をテーマ
に活動している。
NPOでの活動キャリアも凄いが、仕事のキャリアもパワフルだ。
某大病院の婦人・産婦人科の婦長職を務めた後、フリーの助産士に。現在は、看護士
学校や大学をはじめ、いろいろな学校で教鞭を執っている。
ハンサムウーマンを絵に描いたようなルックス。
そんな八幡さんには、男女問わずファンがいっぱいついている。
実は、私もその中のひとり。
いつも活動をご一緒させていただいているが、まとまったお話を伺うことが少なく、
残念に思っていたので、昨晩から楽しみで、楽しみでしかたがなかった。

パネルディスカッションの前に、新田新一郎さんの講演があった。
新田さんのお名前はずいぶん昔から聞いていたが、きちんとまとまったお話を聞くの
は初めてだった。
今、社会に何が必要なのか、というとても大きな問いかけから始まったが、新田さん
の生い立ちを通して話される内容は、とても分かりやすくおもしろかった。
新田さんは父親を生まれてすぐに亡くし、祖母と母に育てられたそう。
しかし、彼を育てたのはこの二人だけではなく、地域ぐるみで育てられたとのことだっ
た。今でも、お世話になった家庭では新田さんは家族のように迎え入れて貰っている
そうで、お葬式の時も家族と同列の扱いで参列するそうだ。
昔の地縁はこんなにも深く大きく、豊かだったのかと感心した。
戦前ならいざ知らず、戦後もこのような地縁の結びつきが存在したことが驚きだった。
それと、地域の中で丁寧に大切に育てられた新田さんだからこそ、今の彼の活動があ
るのだと感じた。

20時近くなり、新田さんも含め、5人のパネリストを迎えたディスカッションがスタート。
データと経験に裏付けされた八幡さんのコメントは、どれも短いものでしたが、質問
や話の流れを的確に押さえたものばかり。
買春・売春の話で、とある人が「買う大人もだけど、売る子どもも問題ですね。そう
思いませんか?」みたいな投げかけをした時、「子どもを買う大人が悪いのです」と
きっぱりと言い切った八幡さん。聞いていて、本当に気持ちよかったです。
買春・売春を考える時、体を売る子どもたちの背景に目を向けずして、「売る子ども
にも問題が・・・」と言うのは、いかがなものかと思っていた私には、もう嬉しくて
嬉しくて。これからはぜひ、「売る子どもの背景にある問題」と言って欲しい。
また、これもとある人が「子どもの凶悪犯罪がもの凄く増えている」と言った時も、
「国の調べでは増えていません。今までよりむしろ減っています。ただ、マスコミが
長く報道するものだからみんなの記憶にしっかり残っているだけです。かえって増え
ているのは、自転車を盗んだとかそういう軽い犯罪です」とピシャリ。

八幡さん、新田さんに加え、私が関心を持ったのは大風さんという西中田小学校の校
長先生。いろいろな立場で長年教育に携わり、たくさんの子ども達を見てきた大風さ
んの話は、八幡さん、新田さんのコメントと相まって、一言一言とても深く豊かな愛
情を感じさせるものでした。
このお三人の話をとことん聞けたら良かったのになぁ~・・・。
でもでも、次回のSmile Jam ROUND 2のヒントもいっぱいあり、個人的には収穫大の
夜でした。

あ~、ホント、八幡さん、カッコ良かったッス!

門間@魚ごっこ(CRAZY FINGERS) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-06-16 05:48 | DV