ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

仙台ビッグイシューの挑戦

ビッグイシュー日本の香取剛さんを迎え、今日は半日、官庁回りと販売地点の選定を
して歩きました。
香取さんは、昨日・一昨日と青森のビッグイシュー販売開始に参加し、その足で仙台
入りして下さいました。
仙台駅東口・西口をざっと見た後、仙台市役所&県庁へ。
ホームレス関係各課に挨拶&説明回り。より多くの方々の理解を得られるように、話
して回ります。
その合間に、香取さんを囲み簡単なミーティング。
夜回りグループの方々と販売員の方と今後の予定やサポート体制を話し合いました。
その後、街頭に戻り、再度販売地点の選定をします。
人の流れやピーク時間、通る人たちの性別・年齢・職業・・・etc。様々な視点から
販売地点を検討して行きました。
作業中、友人たちにばったり出会い、ビッグイシューの話をしたらみんなとっても興
味を持ってくれました。
ある友人は一番町で働いており、お店にパンフやチラシを置いてくれるとのこと。う
れしいやら心強いやら。ついついジ~ンと感じてしまいました。
夕方まであちこちを見て回り、5時頃、仙台駅で解散しました。
夕暮れ、雑踏の中に消えて行くメンバーの後ろ姿が、輝いて見えました。

成功しか想像できない。
恐いことですが、今、仙台ビッグイシューのことを考えると、たくさん課題があるく
せに、成功しか見えません。
私の頭の中には、既にいくつかの販売員サポートシステムがあります。
他のメンバーの頭の中にもそれぞれいくつものアイデアがあります。
それを思うと、どう考えても成功しか見えてきません。
奢っているわけでも、調子にのっているわけでもないのですが。

さて、夜はホームレス女性を支援している「女たちの会」の学習会で講師をしてきました。
今夜は2回連続の第1回目。
DVについて話をして来ました。
数十人~百人以上の前でお話させていただくことが多いのですが、久しぶりにこぢん
まりとした人数で、それぞれの声や想いを伺うことができ、とても有意義な2時間でした。
参加者の中には元当事者の方もいらっしゃり、「なぜあの時、夫はあのような暴力を
私にむけたのか?」という疑問が未だに整理がつかずにいる、とのこと。
DVについて話し、参加者全員で話し合うことで、段々と彼女たちの顔が明るくなって
行き最後には「今までつかえていた胸のモヤモヤがすっと消えました。自分がどうい
う状況にいたのか、やっとわかった気がします」とのこと。
ご参加の方々のお時間を頂戴するわけだし、次回もしっかり話して、しっかり考えら
れるような講座にするべく下準備を万全にするゾ!と気合いが入りました。
次回は、7月11日(月)19:30~@福祉プラザです。
内容は、DV被害者へのサポートや支援者のケアについてお話する予定。
ご関心のある方は、こちらへお問い合わせください。
「生活支援 女たちの会」
090-6628-8790(永井さん)
junko@medialogo.com(青木さん)

門間@Slam In A Jam(Ronny Jordan) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-06-13 21:11 | ビッグイシュー