ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

春の光景の向こう

ボストンの事件。
個人的にショックが大きくて、呆然としています。
繰り返し流れる映像を見ていると、どんどん思考がフリーズして行きます。
8歳のお子さんが亡くなったの報道がありました。
なんということでしょう。言葉もありません。

こちら仙台は今朝も快晴。
桜・木蓮・こぶしが、とてもきれいに咲いています。
流れる映像と、窓から見える穏やかな光景のアンバランスに、
堪え難い朝です。
「きれい」と思われる風景が、みるみる色あせていきます。
世界が繋がっていることを、痛感し苦しくなります。

先ほど、仲良しにメールをしました。
「きれい」についてのメールです。
私は、「奇麗」って漢字が、小さい頃からちょっと苦手でした。
なんだか、「きれい」じゃなくて。
画数が多くてバランスの悪い形で、「きれい」を表現するには少し異形の不気味さがあるように感じていました。
でも大人になるにつれ、本当の「きれい」って「汚い」も「不気味」も「不安定」も、そして「醜さ」なんかも全部内包してて、
だからこそ「きれい」なのかもしれないと考えるようになりました。
それから、一人ひとりの「きれい」はきっと大きく異なるんだろうな、とも思えるようになって、少し「奇麗」に対する感じ方が変わりました。
…そんな内容のメールです。

今、目の前に広がるきれいな春の光景の向こうには、
沿岸部のまだまだ手つかずの被災地の風景があり、福島があり。
日本だけではなく、海の向こうにさらに多くのことがあり。
当たり前に当たり前のことを今更書くのは何だけど、
それを意識して生きることは、私にとってとても大きなこと。
今日を生き、明日を目指す姿勢が大分変わってくることなので、
記録的に書いておくことにします。
[PR]
by 1193ru | 2013-04-16 08:36 | モロモロ