ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

被災に暮らす女性のためのラジオ番組「こころるラジオ」

こんにちは。
仙台は大分気温が上がって来ました。
啓蟄は虫が起きだし・動きだし…と言われますが、
気温上昇でいろいろなモノが飛び出し・広がっているのか、
いよいよアレルギー症状が強く出始めました!
もうね、かゆい、かゆい、かゆい…

昨夜は「被災地に暮らす女性のためのラジオ番組・こころるラジオ」の収録でした。
この番組、国内外のたくさんの方たちからのご寄付と助成金で番組制作と放送をさせていただいております。
語り合いの場へ来られない方、さまざまな理由で人と関われない・関わりたくない方、同じように外に出られない・出たくない方、独りの時間ホッとしたい方、ちょっぴり自分と向き合いたい方…
被災地に暮らす女性へ向け、昨年7月からお届けしています。
女性に向けて始めた番組ですが、男性の方からの応援メールやメッセージも多くいただき、驚いています。
また、放送時間が23時55分と遅いにも関わらず、小中学生からのご感想もいただき、ある時はなんと台本を届けてくれた小学生の女の子もいました。
毎回、仲間たちが作った台本を基に、数人の仲間たちとあーでもないこーでもないと頭を悩ませながら収録しています。
電波の届かない地域にお住まいの方たちへは、CD化してお届けしています。
素人集団が作っている番組なので、なかなかプロのようには行きませんが、
同じ被災地に暮らす者同士、マイクのこちらと向こう側、ラジオのこちらと向こう側が、寄り添いながらほんの数分間を共有したいと作っています。
あの日から、私たちは本当に変わってしまいました。
変わらざる得なかったし、変わってしまったし、そこには言葉では表現できない出来事と想いがありました。
私たちは、そんな月日を歩み、ここまで来ることができました。
あの日から今日まで、何百日もの活動の中、ラジオと語り合いの場は、私たちの活動の柱となっています。
ところがこの「柱」、あと数ヶ月で終わってしまいそうなんですよ(苦笑)
語り合いの場はこれからも月1回の割合で仙台と沿岸部で続けて行きますが、
ラジオは放送料が高く、7月以降の資金を集めることができずにいます。
たくさんの方が、愉しみに、そして日々の支えにしてくださっていることを知っているだけに、
とても苦しく辛い状況です。
あと3ヶ月で資金調達はなかなか難しく、春の訪れと共に、辛い現実が見えてきました。
個人的に、とても残念で、悲しくて、不甲斐なくて、情けなくています。
しかし、昨夜は気持ちを取り直し、それはもう元気な声で収録しましたよ♪
お力添えくださった国内外の方々の想いを胸に、
ラジオの前で聴いてくださっている方たちに想いを馳せ、
あと17回の放送を丁寧に大切にお届けします!

今夜もそのうちの1回分を放送します。
よろしければ、お聴きください。

外は風が強くなって来ました。
帰路、どうかお気をつけて。
そして、一週間のお疲れを癒しに、
23時55分、どうぞラジオをONしてくださいな。
[PR]
by 1193ru | 2013-03-08 18:21 | 東日本大震災