ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

暴力

本日は、終日「離婚ホットライン」に参加しました。
日中は、電話相談と主に面談を担当。
いろいろなケースを目の当たりにし、怒りがこみ上げます。
離婚の原因はいろいろあるけれど、そこに見え隠れするさまざまな暴力を私は感じます。
身体的、精神的、性的、経済的、社会的、・・・・etc。

暴力を受ける人の多くは女性。
それを目撃してしまう人の多くは、暴力を受ける女性の子ども。
想像してください。
父親が母親を殴りつけているのを、目撃してしまう子どもたちのことを。
DVは、子どもに対する暴力でもあります。
そんな場面を見てしまった子どもたちは、それを自分の中でどうやった処理して行け
ばいいのでしょうか?
夫に殴られながら、子や家庭を想う母親の気持ちを想像してみてください。
そんな残酷なバランスの中に日々おかれたら、人はいったい、どうなってしまうので
しょうか?

あなただったらどうですか?
想像してください。

回数や頻度、程度ではありません。
1回でも暴力は暴力。
もし、このブログを見ている人で心当たりのある方は、もう二度としないこと。
二度としない自信がないなら、暴力を振るってしまう相手から即座に距離を置くこと。
乱暴なくくりですが、DVも児童虐待もいじめも差別も戦争も。
あらゆる暴力を私は許さない。
だから、活動に参加しています。
「離婚ホットライン」「ハーティ仙台」「仙台夜回りグループ」「いーぐする市民団」
。ここで活動している大きな理由のひとつは、暴力を絶対許さない、という想いから
です。

ちょっとエキサイトしちゃいましたね。
でも、コレが私の本音。
「怒ったところを見たことがない」とよく言われますが、そんなことない。
私はとっても怒っています。

門間@Peace On Earth(U2) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-05-28 16:41 | DV