ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おとな女子3040 PROJECTの活動など

私がお世話になっているチームのひとつに、「おとな女子3040 PROJECT」というチームがあります。
このチームのメンバーは、全員が被災経験を持つ30〜40歳代の女性で、全員支援系の仕事をしています。
被災や日常の中での傷つき…そんな個人的な経験から、生まれたチームです。
語り合いの場「こころると〜く」
1dayカフェイベント「こころるカフェ」
ラジオ番組「こころるラジオ」
この3つを中心に活動をしています。
仕事はもちろん、メンバーによっては子育てや介護をしながらなので、小さな小さな活動です。
震災以降、細々と活動を紡いできました。
その場、その場でさまざまな出会いがありました。

毎週金曜夜に、Date fmさんからオンエアーしていただいている「こころるラジオ」。
収録は、仕事が終わってからの19時から始まります。
遅い時は22時を過ぎることもありますが、メンバーと素人ながら喧々諤々やりながら番組を作るのは、なんとも楽しく、元気が出ます。

スタジオには、一人で入りますが、
ガラス越しに、メンバーやディレクターさんたちが見守ってくれていて、いつも安心して収録させていただいています。
素人故、イントネーションはひどいわ、もうNGだらけなんですが、
大笑いしながら、毎回、泣き笑いを繰り返しながら作っています。

マイクを前にお話させていただく時、これまでおとな女子の活動で出会ったたくさんの女性の顔が浮かびます。
返す返す、この震災は酷い出来事でした。
語り合いの場に何度も来てくれていた女性が、被災で、放射線で、泣く泣く転居して行きました。
家族を友人を亡くした女性が、必死に生きようと踏ん張っても、日に日に心身の気力が失われ、入院生活に入りました。
語り合いの場やカフェでお会いする度に、笑顔を取り戻され、新しい生活のリズムを築いた方たちが多くいると同時に、です。

先日の収録でも、何人もの女性のことを思い出しました。
被災はもちろん、暴力被害の女性たちのことも。

仙台は朝夕だけではなく、日中も寒さが厳しくなってきました。
街路樹が色づき、そして散り。
クリスマスソングが流れ、ツリーが街角に出現し、ページェントの準備が進み…
晩秋から冬へ移り変わっていく様子が否応無しに目につきます。

傷ついた心を抱え、ひとり過ごすにはしんどい時期ですね。
だからこそ、集まれる場をいつもより少し多めに作っています。
お届けする声の回数も、少し多めにしたいと思っています。
Face bookやHPなども、少し多めにUpしたいと思っています。
できることは限られていますが、この時期だからこそ、
ひとりではない温かさやぬくもりを感じていただけたら…と。
[PR]
by 1193ru | 2012-11-23 13:03 | 東日本大震災