ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

人を変える力

凄いものを体験しまうと、人は感動し、それが時間の流れとともに、感謝の気持ちに
変わるものなのですね。
今更ながら体感中。

今朝、目覚めると体中、感謝の気持ちでいっぱいになっていました。
カエターノに、彼のメンバーに感謝。
日本に彼をよんでくれた方に感謝。
私にチケットを回してくれた方に感謝。
私が休んだ分、仕事のフォローに入ってくれている方に感謝。
私にブラジル音楽を教えてくれた方に感謝。
元気にこの日を迎えさせてくれた家族に感謝。
災害・事故にも遭わずに芸術劇場に来られた奇跡に感謝。
生きていてホントに良かったと感謝。
もう、ありとあらゆることに感謝!!

昨晩公演後、音楽評論家の中原仁さんをはじめブラジル音楽通の大御所の方々と飲み
ました。
あまりの衝撃で一言も話せず、ホテルへ帰りたがる引きこもり気味の私を無理矢理連
れだしてくれた方に、感謝!
だって、カエターノだけではなく、様々なアーティストのいろ~んなお話が聞けて、
楽しかったんですもの。
それに、たくさんの方と感動を共有できたことも、凄くうれしかった。
出会いに感謝です。

「出会いに感謝」つながりで、もうひとつ話したいことがあります。

ビッグイシューについて。

ここ数日の東京滞在で、ビッグイシューの販売員を捜し回ったのですが、タイミング
が悪かったのか見つからず、半ば諦めていました。
でも、今日の午後、表参道でやっと発見!
うれしくってニコニコ近づいて行ったら、なんとその方はカリスマ販売員の豊村光さ
んでした。
確か大阪かどこかで1日200冊も売り上げて、その熱意と実績からビッグイシュー
の販売アドバイザーとして、販売員の養成指導をしている方です。

仙台でもビッグイシュー開始の動きがあり、ビッグイシュージャパンから豊村さんに
「仙台で始まる時は、指導に行ってください」とのお話があったとか。
それから待てど暮らせど仙台行きの話が出ず心配していたそう。
「この仕事は本を売るだけではないからね。とっても社会的な意味があるんだよ。そ
れを早く仙台の人にも伝えたいね」

凄く、嬉しかった。
昨年3月に大阪のビッグイシュージャパンにお邪魔して話を伺ったり、仙台夜回りグ
ループとやりとりをしたりと、仙台での展開を心待ちにしていた私には、とても嬉しかった。
仙台での再会を約束して豊村さんと別れた。
ビッグイシューを掲げて声を挙げる豊村さんの姿が雑踏に消えるまで、何度も何度も
振り返りながら、私は歩いた。
嬉しかった。
自信で輝く笑顔の豊村さんに会えて嬉しかった。
知らないところで、仙台のホームレスを思ってくれている人がいることが嬉しかった。
自分たちが実現したいと願っていることを、遠くの誰かが応援してくれていることが
嬉しかった。
心から、感謝。

世の中には、感動することが山積みだ。
そして、人は感動に触れると、感謝の気持ちが無限に溢れ出るように仕組まれている
生き物なのかもしれない。
自分の気持ちをオープンにしていると、次々と感動と感謝がやって来る。
そして、そんな私を突き動かすモノが、正にそこにある。

門間@Blue Skies(Caetano Veloso) 拝
[PR]
by 1193ru | 2005-05-24 22:08 | MUSIC