ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ちょっと思ったこと

うちはなんだか寄り合い所みたいなところだ(笑)

早朝からシニアのみなさまがお茶飲みに。
今年のはらこ飯の出来具合やら、栗の渋皮煮の話で盛り上がり。
10時頃になったら、子育て中のママたちが子連れでわんさかやってきて(笑)、防犯・防災マップが完成したと大喜び。
で、本日午後からは「曲作り」とかでバンド少年たちが結集。

この出入りがあったから、震災の時、踏ん張れた。
近所で、買い出し・炊き出し・声がけと、それぞれできることを分担してあの時期を乗り越えられた。うん、うちの通りはそうだったな。

震災以降、うちの通りでは「隣人祭り」を始めた。
それぞれが食べ物やら飲み物やらを持ち寄って、通りで一晩中飲み食いして、時には歌ったり、踊ったり。

つながれるチャンスがある人は周りの人とつながればいいと思うし、そうでない人は無理をしないほうがいい。
そうでない人が、いざっていう時に孤立して困難な状況に陥らないようなシステムがあればいい。
人付き合いが苦手な人が困るシステムは作らなければいい。
性格によって、サポートが受けられる・受けられないという結果になっちゃうのは、いかがなものかと思うのだ。

震災以降、考え方や受け取り方は人それぞれで、だからこそ選択は当たり前に違うわけで。
強制したり枠にはめたりしないでさ、もちろん相手のことを攻撃するなんてもってのほかで、一人ひとりが心地いいというものを選んで、もし何かがぶつかるなら話そうよ、そんなことをよく仲間と話したっけ。

根っこに傷を負った私たちは、やっぱりこれからは今まで以上に話し合っていかないと。
でないと、なんだか理解も共有も薄っぺらいものだけでいろいろなものが進んでしまって行くような気がして怖い。

そんなことを仲間と話した。
そして、
もうね、私たちはお互いを傷つけあってる暇はないね、とも。
震災から1年8ヶ月が近づき、ありとあらゆることが「ヤバイ」状況になっている今、
そんなことにエネルギーを注いでないで走らないとと。
[PR]
by 1193ru | 2012-11-03 16:28 | モロモロ