ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

東北のお気に入り その1

私の住んでいる東北は、愛すべきモノがいっぱいつまったエリアです。
自然、環境、歴史、そして各地に残る風習、訛。
街を出てちょっと足を延ばせば、至る所にお金には換えられない豊かで貴重な東北の
資源に触れることができます。

でも、本日は東北の愛すべきモノとして正に「モノ」をちょこっと紹介します。

私が、毎日の生活の中で愛用している東北のモノたち。
以前、ブログで触れた柳宗理のバタフライチェア(スツール)もそのひとつ。
これは山形にある天童木工で作られたもの。

天童木工
http://www.tendo-mokko.co.jp/
天童木工では、柳宗理をはじめ、剣持勇や乾三郎、ブルーノ・マットソン等そうそう
たるデザイナーを迎え、ムライスツールやマッシュルームスツールなど有名作品を豊
富に生み出しています。
バタフライチェアは、曲げ木の技術を駆使したシンプルでユニークなフォルムが素敵
ですが、私がとにかく気に入っているのは、座り心地。
お尻になじむ座面のカーブと、座った時に柔らかく背筋がスッと伸びるアノ感覚がそ
れはそれは気持ちがいいのです。
アールトのテーブルやイスとも相性が良く、そんなところから、天童木工の家具と北
欧家具にどこかしら似た香りを感じています。
実はこれからちょこちょこと紹介したいなと考えている東北のモノは、どれも北欧の
生活工芸品に通じるセンスがあり、また、とてもとても相性が良い物ばかりです。

仙台で天童木工や家具について知りたい・体感したいという方は、こちらのショップ
へ。私は長年、こちらの大村さんという家具博士(と勝手に呼んでます)に家具と人
間のからだの「いろは」や「てにをは」を教えていただいてます。

家具の大丸
http://www.daimaru-ess.co.jp/
天童木工の家具は、みなさんの一番身近なモノだと温泉の和室にある木製の座椅子か
もしれませんね。
山形の工場では見学もできるとか。
いつかドライブがてら覗いてみたいな、と考えています。

門間@PIECE OF THE FEATHER(ANN SALLY & CHORO CLUB)拝
[PR]
by 1193ru | 2005-05-17 08:02 | モノ