ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「はやぶさ」「余震」、そして…

昨日は、東京で定期検査。

震災から11ヶ月目。
朝から茨城で数回地震があり、今朝は今朝で宮城でも地震があり。
新幹線が止まったり、帰って来られなくなったらどうしよう…そんなことを思いながら病院へ行ってきました。
都内では、検査でドキドキハラハラしていたせいか、揺れていたのかどうかもわからずでした~(笑)

初めて乗車した「はやぶさ」は、これまでの新幹線とは比べものにならない程揺れません。
震災以降、地震なのか私が揺れているのかわからない程、感覚がおかしくなっている私にはありがたい乗り物です。
震災すぐに乗った仙台市営バスのことを思い出しました。
被災で凸凹に隆起した道路を、乗客のみなさんのことを気遣いながら何度も何度もアナウンスをしながら運転してくれました。
「道路の凸凹で、地震を思い出して具合が悪くなった方は、おっしゃってください」
とても丁寧な運転でした。
ありがたいな、と涙ぐんでしまったことを思い出しました。

震災から11ヶ月が過ぎ、
また大きな地震が来るとの発表がなされる度に、あの日のことを思い出しゾッとします。
ただ、3.11の翌日以降のことは、たくさんの方の手によって支え生かして頂いたありがたさばかりが思い出されます。
震災から日が経つにつれて、ありがたい気持ちが大きくなってきています。
瓦礫の中を車を走らせた時の、あの虚しさ、悔しさ、怒り、悲しみ、恐怖…そうした感情は、たくさんの方にお気持ちをかけていただいたおかげで癒され、新たな力となって私の中に地層のように幾重にも積み重なってきています。
ありがとうございます。

この被災経験を、新たな力としてこの地に生きて行く私たち。
来る3.11は、節目となる誕生日を迎えるようなそんな気がしています。
[PR]
by 1193ru | 2012-02-12 23:07 | 東日本大震災