ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

支援疲れ

明日18日は各地で合同慰霊祭が行われます。
3.11から100日―「百か日」です。
この100日間を振り返りながら、今晩も物資を運びつつ支援団体の方と打ち合わせをさせていただきました。

ここ仙台・宮城では、支援者自身が被災者です。
お身内を亡くされた方、震災で怪我をされた方、ご自宅を流された方、事務所を失った方、床上浸水や床下浸水、津波から間一髪で逃げることができた方、震災粉じんでぜんそくになった方や耳鼻咽喉・呼吸器等を痛められた方…etc
さまざまな影響を受けながらも100日間、支援を続けてきた方々です。

今、100日間頑張って走り続けた方々の心身に、大きな影響が出始めています。
「疲れ」です。
ほとんどの方々が、睡眠時間を削り、膨大な私財を投じて活動を続けてきました。
ここにきて、やはり疲れが出たのでしょうね、疲れを訴える方が増えてきています。
また、それに伴い、支援活動の全体的なスピードが落ちてきています。

そんな頑張った支援者たちのケアやサポートはできないものでしょうか。

物資の受け渡しにかかる体力的負荷の軽減と仮設住宅や避難所にいらっしゃる方の雇用や生きがいづくりのシステムを検討しています。
アイデアはほぼ固まりましたが、アクションを起こすことにまだ少し躊躇があります。

どうしたことか、未だに不安定感の払拭ができていないためかもしれません。

今晩は、とにかく今晩は、寝た方がいいのでしょうね。
明日、眩しい太陽の下、またじっくり考えてみます。
[PR]
by 1193ru | 2011-06-18 00:52 | 東日本大震災