ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お詫びとかいろいろ

昨日、メールと電話が滞ってしまってごめんなさい。
本当に申し訳ないです。
私ごとで情けないのですが、
昨日、右膝を痛めてしまい歩行が少々困難になってしまいました。
(せっかく荷造りしたのにーっ!!!)
仕事が立て混んでいたせいもありますが、膝にあわてて連絡が滞ってしまいました。
すみません(涙)

一人の支援活動では無理と思いこみ、仮設住宅への電化製品のお届けは口惜しいかな、諦めていました。
物品を送っていただく方の送料負担も大きいこともあり、
市内の倉庫を解放して物資提供をしてくださっている方の情報をご提供するに留まっていました。
でも、諦めていたのは私だけだったようです。
昨日、「多摩でDVを考える会」さんから新品の扇風機を送っていただける、とのご連絡をいただきました。
膝のことがあり、折り返しのご連絡を差し上げることができたのは夜でとても失礼をしてしまったにもかかわらず、ご丁寧にお心のこもったご対応をしてくださり涙目になってしまいました。

どうやら「諦め」は勝手に自分で作ってしまっているモノのようです。
「諦め」なんて自分がポイと捨ててしまえば、いいモンだ、前に進めるモンだ、と思い知りました。

3.11以来、諦めてしまっていたことがいくつかあります。

全国200にも上る個人と団体の方にお力添えをいただいているにも関わらず、
皆様のお気持ちを被災者の方へお届けする受け皿(=団体)の立ち上げをしないできました。
各方面から早く団体を立ち上げるよう、特に企業さんからは年単位の継続支援のお申し出をいただいており、そのためには個人ではなく団体が必要だと何度もご指摘いただいていました。
私は、仕事が忙しく活動時間が限られていること、家族と自分の健康問題を理由に、これまで団体立ち上げにかける時間よりも現場へ物資を届けることを優先してきて、長期支援をしていくと決めていたにも関わらず団体立ち上げの検討を後回しにしてきてしまっていました。

昨日、真剣に考えなくてはならない時がとうとうきたと感じる出来事がありました。
ベッドの上で、考え、考え、一晩過ごしました。
今朝、何人かの方へご相談のメールを差し上げました。
今晩もご相談メールを差し上げ、みなさんに助言をいただこうと思います。

「現場に行けなくても応援したいというたくさんの方の思いと
              被災地で困難な状況にある方とをつなぐ活動」
これが私がやっていくことなのだと考えています。
仕事柄・健康問題の点から、活発な活動はできません。
細々とゆるゆると、無理せずに―です。
被災した友人・知人やその仲間たちの「HELP」の声と、
「必要な物を送るよー」という声の橋渡しです。
「団体」なんて立派なものは考えていません、
ゆるいネットワークを作って、そこからより多くの方の思いとニーズをつなげたらいいな、と考えています。

ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、
匿名コメントやメールでご連絡いただけたらありがたいです。
[PR]
by 1193ru | 2011-06-14 08:11 | 東日本大震災