ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ふと立ち止まり思うこと

私たちは、震災以来、なんと不安な日々を送っているのだろうかと思う。
不安が大きな疲労となって、周囲のみんながどんどん倒れている。
震災を経て、こうして日々の生活を重ねていても、不安がさまざまな影響を及ぼしている。
私も影響を受けたひとり。
たとえば、左手。
あまりよくいうことがきかなくなってしまった。
メール一通打つのに、一時間近くかかってしまうこともあり。
日々、どんどん動きが悪くなってきている左手を、どうしたものかと考える。

荒れ狂い不安定な暗い海で、
ひとつ浮輪が漂っていたら、必死の思いでしがみつくだろう。
今、私はそんな状況に自分があると感じている。
何もかも不安定で不確か。
荒れ狂った海のように、不安定が激しくなってきている。

すがりつく物は一体何か。
浮輪―というのはあくまで比喩でして。
過去に安定していた・幸せだった・充実していた日々や人、物が、
きっと浮輪なのだろうな、とふと考える。

震災を境にさまざまな再会が続いている。
これは無意識に、浮輪を探しているのではないかと考えてしまう。

本当のところは、どうなのだろう。

そろそろキーボードを打つ限界かな。
左手全体が使えなくなったらどうなるのか不安はあるものの、
まだまだ浮輪にしがみつく力は残っていることに安堵している。
[PR]
by 1193ru | 2011-06-06 00:41 | 東日本大震災