ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

山元町いちご農家

先日、山元町のいちご農家の方を訪ねました。

津波に襲われた母屋とビニールハウス。
土砂に埋もれたビニールハウスの片付けを手伝いましたが、大量に流れ込んだ土砂を取り除くこと半日。
丹精込めて作っただろういちごのちいさな実が、茶色に変色したくさん出て来ました。
その下には、やわらかくそれはそれは美しい土。
おいしい作物を作るには、手をかけ目をかけ土を作らなくてはなりません。
海から流れ込んだヘドロや塩が結晶化した白い層の下には、それはそれはみごとな土がありました。
借金をして建てた立派なビニールハウスの半分は跡形もなく押しつぶされ、残った半分は柱があるだけ。
そこにたくさんの赤いいちごが実り、緑の葉が輝いていたとは想像できない程、破壊されていました。

母屋は一階部分が抜け、とても住める状態ではありません。
あちこちに土砂や瓦礫が流れ込み…いや突き刺さっています。
同じく津波に激しく洗われ枝が茶色に変色してしまった竹林。
本来なら、5月の風に美しい緑が輝く見事な竹林だったろうに…

いったい、どれほどのマンパワーと時間があれば復旧できるのかわかりません。
それでも、
「いちごしかしてこなかったから、またやるんだ」
と奮い立たせ働き続けるご一家。

私の遠縁の親族は、同じくいちご農家でした。
このお宅のすぐ近くで、いちごの箱詰め作業中に津波に襲われ亡くなりました。
たくさんの自衛隊の方、たくさんの地元の方のお陰で早く見つけていただき、火葬していただくことができました。
亡くなって悲しいという気持ちもありますが、それ以上に、ありがたい気持ちがあります。
震災とはおかしなものです。
気持ちがおかしな順番で出て来てしまいます。
いちごをこれからも作るというご夫婦と、丸一日作業をさせていただき、
仙台に戻り数日経った今も、とてもありがたくています。
こんな酷い風景を前にしても、
いちご農家の方たちといると、
またきっとすばらしいいちごができることが、強く信じられます。
借金や健康問題、土地改良等、大きな課題ばかりが山積みになっていても、です。
微塵も疑う気持ちはありません。
山元町や亘理町のあのおいしいいちごが、またたくさん作られ、出荷されることが当たり前に約束されているかのように、感じてしまっています。

それほど、被災した農家の方たちの頑張りはすごいです。

ボランティアがたくさん入っていると報道では流れています。
でも、山元町ではまだまだ足りないように感じます。
これは、農家の方たちからの感想です。
ボランティアセンターや役場では違う見解かもしれませんが、農家への派遣は足りないと感じていらっしゃいます。
お力添えいただける方は、ぜひ山元町の社会福祉協議会へ問い合わせ、現地へ向かってください。
よろしくお願いします。
[PR]
by 1193ru | 2011-04-30 06:15 | 東日本大震災