ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

仙台市内ライフラインと卓上コンロとボンベの入手

仙台市内では、電気や水道の復旧がずいぶん進んできています。
ただし、全域ではありません。
未だに一部です。
ほんの道一本隔てたところで、「まだ水道がきていない」「まだ電気がきていない」という地域があります。
また、地域に電気やガスがきていても集合住宅ではまだ利用ができなかったり、家屋が立ち入り禁止になり復旧したライフラインの恩恵を受けられない方もたくさんいらっしゃいます。
被害が甚大だった宮城野区・若林区の沿岸部は、まだまだ電気も水道もきていません。
避難所の寒さ・冷え込みを知るにつけ、せめて電気だけでもと思わずにいられません。
電気・水道工事の関係者の皆さまは、昼夜通して頑張られています。
その頑張りに、頭が下がる思いです。
頑張っている方々にこれ以上の頑張りを期待するのは本当に忍びないのですが、避難所の方々が体調を崩されている話を聞くたびに、やはり頑張っていただくしかないとついつい気がせいてしまいます。
ご担当なさっている方には、本当に申し訳ないです。

そんな中、今日、久しぶりに奥山市長のお顔をテレビで拝見しました。
これまで「1ヶ月以内は無理」「数か月かかる」と言われていた市ガスの復旧が、かなり進んでいるとの発表でした。
一般のご家庭でも1ヶ月から1ヶ月半程度で復旧するとの言葉に、本当に驚きました。
地面は波打ち、道はひび割れている仙台です。
一日も早いガスの復旧を願いながらも、波打ち割れる地表の下を走るガス管の復旧は困難を極めるだろうと、多くの市民は思っていましたから。
希望の光がまたひとつ灯った思いがしました。

それでも、やはり1ヶ月から1ヶ月半はまだガスは使えません。
オール電化住宅が少しずつ増えているとはいえ、まだまだガスが主流。
多くのご家庭では当面、レンジやホットプレート等の電気調理器具に頼らざるえません。
また、ガスコンロをご利用のご家庭も多いようですが、ガスボンベの入手が困難だとよくうかがいます。
ここしばらくあちこちの販売状況を見聞きしてですが、
スーパーの一部でも取り扱いがあるようですが、ホームセンターだと比較的入手しやすいようです。
ダイシンやケイヨーデーツーなどのお店によっては、待ち時間も少なく1人3本購入できるところもあります。ただし、各店在庫が少ないため早い時間で売り切れてしまいますのでご注意ください。
ホームセンターの多くは、郊外に店舗を構えるところが多く、ガソリン不足でなかなか足を運ぶことが難しくなっている方も多いことと思います。
自転車が使えればいいのですが難しい方は、ご近所やお知り合いの方と自家用車やタクシーの同乗をご検討してみるのも方法かもしれません。
[PR]
by 1193ru | 2011-03-21 22:41 | 東日本大震災