ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

伊達直人続出

夜、ニュースを見てたら泣けて来ました。

日本中で「タイガーマスク現象」が起きているそうで、次々とニュースが飛び込んでくるんだもの。
キツイニュースばっかりの毎日で、日々の生活もギスギスしやすい昨今。
全国に伊達直人が続々現れて、施設にすてきなプレゼントを届けているなんて、ホント、泣けて来ちゃう。

施設には、大人から虐待をされた子たちも暮らしています。
そんな子たちの多くは、大人に失望していてもおかしくなく。
施設の職員さんたちの姿から失望が薄らぎ和らいでいるかもしれないけど、施設の外にも自分たちに温かいまなざしで見守ってくれている大人たちがいることは、その子たちのこれからの人生の大きな支えになるんじゃないかと思うのです。

それは、新たな大人への信頼に変わっていく種になるんじゃないかと、思ったわけで。
そんなことを考えていたら、涙が止まらなくなりました。

私の親しい友人で、子どもの頃に虐待を受けた経験のある人がいます。
それは、肉親からではなく養親とその養家族からの虐待でした。
虐待者と離れ、長い月日が経っても、未だにその傷が本人と家族に重くのしかかり、日々苦しんでいることをよく知っています。
回復過程で、たくさんの大人が関わっていました。
関わってくれた大人たちの姿を見て、その子は大人に対する不信感や失望が癒えて行ったそうです
まだまだ傷が痛み足元がおぼつかなくなりはするものの、周囲の大人を信じることで恐怖や怯えが薄らぎ、虐待経験からくる激しい感情からも解放されつつあるとのことです。

全国の伊達直人さんの行為は、ランドセルや文具が届かない子どもたちにも、大きな支えになったのではないかと思います。

で、また泣けてくるわけで…

なんだかんだ言っても、まだまだこの国は捨てたモンじゃないです。
そう誰が何と言おうとも…

だから、全国に伊達直人が出現することに、涙が出てしまうのです。
[PR]
by 1193ru | 2011-01-11 23:45 | モロモロ