ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

団長日記

「団長日記」・・・・・なんてコワイタイトルなんでしょう。
ネーミングの重要性をヒシヒシと感じながら、
担当者の英断に恐れ戦きつつスタート。
末永くよろしくお願いいたします。
三日坊主になったら、ビシビシお尻叩いてくださいね。
(頼んだよ、岸さん)

さて、今は12月26日23:50。
クリスマスの余韻にしがみつきながら(私だけ?)、明日の出社を憂う大人がうよう
よしている夜です(これまた私だけ???)。
今、私は今回のイベントのチラシをボランティアで引き受けてくれたデザイナーの石
川さんと最後の追い込みをしています。
石川さんは、広報リーダーの小出氏のご紹介なのですが、
若い!センス◎!謙虚!イケメン!仕事も速い!・・・・と何拍子も揃った男子。
こんな休日の夜中までお付き合いいただいており、
もう、ホントに「うちの娘の婿に・・・」って言っちゃいそうです。
(娘はいないんですが)
いつも感じることは、石川さんのような素晴らしい方々のお力添えでイベントをさせ
ていただいているという感謝の想い。
前回の写真展でも、本当にたくさんの方々のご厚意のお陰でイベントを開催すること
ができました。
また、その後の各地での写真展も、もの凄くたくさんの方々の想いや力があったから
こそ実現できました。
そんなことを感じ・考える度に、言葉にならない想いでいっぱいになります。

「ありがたい」
不意に口をついて出たコトバ。
人の縁の中で生かされている自分、
人の縁の中でさせていただいているコト・・・・・
私の回りには「ありがたい」ことがてんこ盛りです。
このありがたい想いを1月のイベントで、
「一人ひとりの存在の大切さ」と共に、たくさんの方々にお伝えできればと考えてい
ます。


今、インドネシア震源の大地震による津波でたくさんの方々が亡くなったとのニュー
スが続々と入ってきています。
新潟についてもそうですが、自分は一体何ができるのか。
前述の想いと繋がる何かがそこにあるような気がして仕方のない、今日この頃です。



門間@HOW TO DISMANTLE AN ATOMIC BOMB(U2) 拝

c0020127_0542391.jpg
[PR]
by 1193ru | 2004-12-26 23:50