ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

サバイバーズメッセージ

明けて今朝。
今日も金属的な鈍い光が広がる秋空。
ゆっくりと朝ごはんを作り、のんびり食べて、片付けついでにキッチンの掃除。
で、今に至る。

昨晩から、再びエレン・バス&ローラ・デイビス著「生きる勇気と癒す力」を読んでいる。
朝食を食べながらテレビを見ていたら、小林美佳さんが出ていた。
昨日を境に再びさらなる加速をしながら現場に戻ることが定められているのか、続々と届くエールのメールとメディアや本といったさまざまな形を通してサバイバーの言葉が、私をぐいぐいと引っ張り道を開いて行く。
不思議な光景だ。

振り返れば、昨年のスウェーデンいや、その前からなのかもしれない、走らなくてはならない環境が次々と目の前に広がってきていた。
でも、それに踏み出そうとはせずに、いや、踏み出せずに、ひたすら家族のケアとセルフケアに集中したいともがいてきた。
どんどん出て行く私を想像し大きな期待をしていた人たちは、ずいぶん落胆したようだ。
寄せられた信頼や期待はとてもありがたく光栄だったが、それを置いても優先せざる得ない出来事が私にはあった。
でも、それが片付いた今日からは、これまで心苦しくもおろそかにしていたものに邁進できる。
長い間、お待たせしてしまって、本当に申し訳ない。
あまりの出来事だったので、実感に至るまでタイムラグがあるが、どうやら状況と環境は整いつつあるようだ。
辛く苦しい人生だけど、まだまだ捨てたものではないようだ。
私は恵まれているのだろう。ありがたい。

今週、郡山へお邪魔する。
その後、久留米にもお邪魔する。
仙台の某所にもお邪魔する。
11月は、あちこちへお邪魔する機会が非常に多い。
手帳を見ると、息を吹き返すタイミングも、完璧と言っていい程の準備が整っていることを知る。

自分で敷いたレールなのかもしれないし、誰かがプログラムしたものなのかもしれない。
コレは、奇想天外で非常にハードなモノで、ハイリスクハイリターンの過酷なゲームみたいだ。
ゲーム…そう考えると口元がゆるんでしまう。
楽しむ気持ちが出てくるからだ。
そうだな、辛くなったらこう思うことにしよう。
「コレはゲーム。さて、どうやって次のステージに進もうかな♪」と。
[PR]
by 1193ru | 2010-11-03 10:22 | モロモロ