ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

手帳

来年の手帳を買った。
前回同様、ターコイズブルーの手帳。
今回のは、1年もののため今年のものより少し薄い。
今使っているのは、昨年9月から今年いっぱいのもの。
たくさんの出来事がこの1年ちょっとで起きた。
それがぜーんぶ記録されている手帳とももうすぐお別れ。
少しさびしいような、でも、すっきり肩の荷がおりるような、複雑な思いがある。
思い出すのも疲れるので、振り返りはしたくないけれどね。

スウェーデンへの出発に始まり、引っ越しや転勤もあって、新しいプロジェクトが立ち上がり、たくさんの出会いや少々の別れが記されている。

この手帳を手にした頃は、家族が大きなダメージを受け、東へ西へと治療・回復のために走り回ってもいたっけな。
ようやく日常生活を送れるようになったけど、いつまた後遺症が出るとも限らない。
手帳が変わってもその傷跡はこれからも延々と残る。
私たち家族には、死ぬまで忘れることができないことだ。

昨日、犯罪加害者の家族を支援する会の方のコメントを新聞で拝見した。
なるほどと共感しつつ、自分の立場を思うと少々胸が苦しくなる。
暴力被害者とその家族の苦しみを少なからず支援者として当事者として経験しているせいだろう。
社会の多様化が進み、いろいろな支援があることは誰にとっても、もちろん私にとっても救いである。
共感や理解する気持ちがありつつも、この胸に広がる苦しさは、また別次元の物だと知る。

カバンの中に二つの手帳が並んでいる。
同じ色とサイズのためか、一見すると同じ手帳。
でも、中身は全く異なるもので。
これから1年、どのように生きていくのだろうか。
日々、記される内容が、少しでも明るいものだとうれしいのだけど。
[PR]
by 1193ru | 2010-11-01 08:07 | モノ