ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ぽつりぽつり独り言

ハイチに続き、チリで地震。
今日は、津波が日本に到達。
地球上ではいろいろな異変が続いているけれども、空を見上げれば美しい満月が。
災害でたくさんの命が奪われ、たくさんの悲しみで地球が覆われているのに、ホント何事もなかったかのようにふくよかに輝いている月。
そのギャップがとても不自然で、不思議な感覚を覚える。

さて、本のこと。
昨日、本棚を片付け、一部の漫画や雑誌を保護施設へ届けた。
今日は今日で、ビジネス書を古本屋へ持って行った。
本がグルグル循環している。
想像すると、ちょっと楽しくなる。
ちょっとうれしくなる。
本棚には、線やら丸やらいろいろ書きこんでしまってどこへも行き場のない本が残る。
循環できずここでストップしてしまった本たち。
ちょっと気の毒になる。
きれいに扱ってあげればよかったと。

今日、映画「インヴィクタス」を観た。
毎度のことながらクリント・イーストウッドはすばらしい監督だとしみじみ思う。
扱うテーマ。その描き方。役者やロケーション、画像のトーン。
どれをとっても、すばらしい。
単純な美しさやすばらしさではない。
生身の人間の匂いがそこにあり、そこから流れ出す地味で控え目な凛とした美しさが漂っている。
だからこその感動が静かに迫る。
涙がにじむ。
胸が苦しくなる。
この世の中や人生は、
「悪いことばかりではない」
「捨てたものではない」
と思いたくなる。
と強く思わせる。
彼の映画を観た後、いつも必ず思うこと。
そして、じんわりと希望を噛みしめる。

明日から3月。
春だな、と思う。
まだこたつやファンヒーターが必要だけど、春だ。
今月、また1歳年を重ねる。
いろいろ感じたり、考えたりすることが毎日よくまぁこうもあるものだ。
でも、それがうれしくもあり、楽しくもあり。
これからも何年もいくつになっても「多感」でいたい。
[PR]
by 1193ru | 2010-02-28 20:55 | MOVIE