ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

連休明け(声帯やら本やら)

今日は、相談対応が忙しくて、夜には声帯が炎症を起こしてしまった!
明日は、声が出るのだろうか。
空気が乾燥している上に、相談が殺到。
40~60分刻みで、本日は13人を対応。
カウンセリングと異なり、相談対応は救急救命みたいなもので、とにかくバリバリと手を入れていかなくてはならない。
私の声帯の寿命は後何年なんだろう?
年々ヤバくなることが多くなっている。

朝4時から、勝間和代さんvs香山リカさんの本をしっかり読んだ。
お二人の持っているケース事例が分野違いというか、あまりにも異なるせいか、全体的に噛み合っていないような印象も受けた。
その噛み合わなさが非常にリアルで、私たちの社会や問題の多面性をがっつりと見せつけてくれたようにも感じた。
これまで私は「自称カツマー」と思っていたけど、なんだかんだ言ってもやっぱり「香山組」だったことを再実感。
ごめんね、ごめんねー!
やっぱり私は、「自分よりさらに傷ついている人たちにそれもど役にも立たない慰めの声をかけたり、逆にやさしくしてもらったりしながら、日々送っていく(本書・香山さんのコメント)」のですよ。
今週末の講座もそう。私はそれほど役にも立たない話を傷ついた人たちにして、「頑張らなくていいんだよ。こうしているだけでいいんじゃない」とメッセージを渡すのだ。
もちろん、勝間さんの言っていることもよくわかる。
でもどうしてなのかな。
心底手放しで受け入れることは難しい。一部はとってもいいのだけど。

魅力的な女性の対談ってホントおもしろい。
「魅力的」というのは性的なものではなく、知的好奇心をかきたてひきつけるという意味で。

只今私は、毎日3時間以上を通勤に費やしている。
交通費は、年間40万円以上になる。
これは費用対効果として非常に悪い数字だ。
それでも続けているのは、一体何が理由なんだろう。
そう考えるがさきに、たくさんの母子家庭や生活困難で何重もの不安や悩みを抱えた女性たちの顔が次々と浮かぶ。
世の中、ホントよくできてる。
相談者の抱える悩みや問題は、年々過酷になっているような気がする。
地方に行けば行く程、想像を絶する現実が山積みになっている。
その山に種火を投げ込んで一気に燃やしてしまいたいよ。
それぐらい酷い。

近々本屋に行ったら香山さんの本を数冊買ってこようっと♪
[PR]
by 1193ru | 2010-01-12 23:21 | モロモロ