ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

折箱

先日、東京で素敵な出会いがありました。
別ればかりをクローズアップしがちな一年でしたが、こうして振り返るとなかなかどうして素敵な出会いがたくさんあった一年でした。

話を戻しますね。

そう、先日東京で知り合ったのは、湯島の折箱の老舗・折勝商店の専務さん。
アーティスティックでさわやかなイケメンさんで、聡明で好奇心旺盛。
数時間ご一緒させていただきましたが、あふれるような情報を次々とご提供くださって、とっても刺激を受けました。
一期一会の素晴らしさを痛感する出会いでした。

で、ここからが本題。
ご本人様も去ることながら、帰宅していただいたお名刺からHPをのぞいてみたら、商品のあまりの素敵さにノックダウンされました。
そう「折箱」です。
HPを拝見するまで、漠然と「箱」としか想像できなかったのですが、とんでもない!
エゾ松で作られた箱の、なんと端正なこと。
それと、HPでの見せ方の美しいこと。
プチ北欧帰り(エセ)の私には、北欧雑貨とペイントされた折箱のコーディネイトにうっとりしてしまいました。

…で、すぐに思いついたのがアートセラピーでの活用。
「私だけの素敵な小箱作り」…素敵じゃないですか?!
大切な思い出や宝物をそっと入れておく「私だけの箱」を、レースやフエルト、シールやスパンコール等で飾って作るなんて、想像するだけで楽しそう♡
早速アートセラピーの担当者と相談しました。
(もちろん即決!)
それから10日以上、箱の形で悩んでいましたが、本日めでたく決定し、先ほど注文したところです。
どんな形をお願いしたのかは秘密♡
ケア講座にご参加の方は、どうぞお楽しみにしていてくださいね。

ちなみに折勝商店さんの素敵なHPは、こちらです。
使い道はアイデア次第。
何にでも化けてくれる予感がする素敵な折箱がいーっぱい紹介されています。
ぜひご覧くださいね!
[PR]
by 1193ru | 2009-12-31 00:35 | モノ