ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

死別

今日は、ある出来事をきっかけに、パートナーとの別れについて考えた一日でした。
つらつらと考えて一日を過ごしたわけですが、「ある出来事」を想うと涙がこぼれそうになります。
大切な人、かけがえのない人―そう思って縁あって一緒に歩み始めたパートナー。
その相手がある日突然、目の前から消えてしまう。
なんて残酷なことだろうと、なんとも言えない気持ちでいっぱいになりました。
胸が張り裂けそうになります。
苦しくて、辛くて、涙が滲んできます。

私にはパートナーと呼べる相手がいません。
とても残念なことです。
死ぬ直前、いわゆる「思い残すこと」があるとすれば、たぶんコレかもしれません。
誰かと子育てや生活…人生のさまざまな出来事を分かち合う楽しさ、面白さ、幸せを味わえないことは、やっぱりちょっと残念だと思ってしまったりします。
ほんのわずかな時間でもそんな体験ができたらよかったのに…たぶん、「すごく」ではなく「ちょっと」残念な思いであの世に旅立つことでしょう。
もちろん、パートナーがいないから人生が充実しない、不幸せだ、ということではありませんので誤解なく(笑)

今日のとても残酷な出来事は、こんな立場の私にも心底辛い出来事でした。
知り合いのパートナーが突然亡くなりました。

c0020127_2211664.jpg
夜、車を走らせながら知り合いのことを想いました。
今朝の空を思い出しながら。
台風が過ぎた後、何が残っているのでしょうか。
そこにはたくさんの何かが形を変えて残っていて、そこからまた一歩が始まって、私たちはどんどん歩んでいくのでしょうか。
今の私の頭では、考えてもそんな抽象的なところにしか行きつきません。

こうしているうちに、楽天はクライマックスシリーズに進出を決めて、オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞することがわかって…
時はさらさらと過ぎて行っています。
誰にも同じように。
[PR]
by 1193ru | 2009-10-09 22:03 | モロモロ