ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ただいま

溺死寸前だった私。

台風や嵐や荒波や…終わりなく永遠に続くかのように何度も何度も繰り返しやってきては、やってくれるじゃないのもういいかげんにしてっっ!!!!と叫ばずにはいられなかった。
そんな時にも、灯台の灯りが見え捜索隊や救助隊、救命ボートや救助ヘリがやってきて朦朧とした意識で浮き輪にしがみつきそれでも力が尽きそうになり…
でも、私なんかよりもあきらめない人たちのたくさんの手が次々とのびてきて…
気がつけば、たくさんの温かいまなざしの中。
やわらかい寝具と慣れ親しんだ懐かしい匂い。
「おかえり」ってみんなが口々に言ってくれた。

こうして私は再びココに帰ってきました。

「ただいまもどりました」

たくさんいろんなことがあって、あり過ぎて。
あまりいろいろなことがあったせいか、それともこうなることが決まっていたのか。

しばらく遠くへ行っていました。

行く直前、たくさんの暴力被害女性の方たちに会って講座をし、遠く離れたところでたくさんの傷ついた女性や子どもを支援している凄腕の女性たちに会って、戻ってすぐまた暴力被害女性たちの前で話をさせていただいて…
我ながらなんという人生なのでしょうか。

「しあわせ」以外の何物でもない人生です。

どんなにつらいことがあっても、私には守るべき家族があって、支えてくれるたくさんの仲間がいて、そして大好きな仕事・誇れる仕事があるんだもの。

c0020127_22213694.jpg
「ただいま」
「おかえり」
何度この言葉を繰り返したことか。家族と仲間と。

これからまた大きな嵐がやってきます。
それでもきっと大丈夫。
嵐が過ぎた後、また私たちは笑いながら言うでしょう。
「ただいま」「おかえり」ってね。
[PR]
by 1193ru | 2009-09-09 21:34 | DV