ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

実践できずに玉砕

終戦記念日。
今晩は、久し振りの一人。
体調が思わしくなく、いつもそばに誰かがついていてくれていたけれど、今日は一人。
映画でも観ようかとも思ったけど、外出は控えおとなしくしよう。
本でも読もうかな。
すぐに疲れてしまうので、軽いものを。

昨日は、すごく暑くて「真夏」のような気温でグッタリ。
でも、空にはうろこ雲。
今日の空もそうでした。
今年は入道雲に会わなかったかもしれない。
沖縄に行かなかったせいもあり、ことさら夏がなかったように感じてしまう。

人というのは本当に”もろい”くて、いとも簡単に”壊れて”しまう。
だからこそ、暴力なんてふるっちゃダメなんだ。
今更ながらDVや児童虐待の影響の大きさを考える。
予防接種や特効薬があったらどんなにいいだろう。
被害の後、どれくらいの時間と労力、お金を費やしても”完治”が遠く見えない不安。
本当になんて酷いんだろう。
指一本触れなくても人を追い詰め壊し死に至らしめることができることを、もっと私たちは自覚しなくちゃならないと思う。
あぁ、そうか。
自覚のある人はしないんだな。
だからDVであり虐待なんだっけ。

先日の郡山の講演は、心身のバランスが悪すぎるとはいえ、最悪の出来だった。
情けない。
本当に情けない。
これまで関わったたくさんの被害者の方たちに顔向けできない。
講演前いつも彼女たちを思い出すのに、先日ときたら「二時間立っていられるのか」「はっきりと話せるのか」と自分を信じることができずに不安が先走ってしまった。
情けない。
あの日を境に、またバランスが崩れてきている。
ちょっとのことですぐにガタガタ来てしまう。
人生なんてこういう時もあるものさ…そう楽観視する力もなく、崩れるスピードがさらに増す。

月末、仙台でまた講演がある。
頑張りたい。
踏ん張りたい。
カッコ悪くてもいい。
これまでたくさん手渡された彼女たちの声を、一人でも多くの人に伝えたい。
それがきっと私の仕事。
どうか少しでもこころとからだが良くなりますように。

鏡に映る顔。
目がどんよりとして焦点が合っているのかよくわからない。
呼吸をしているけど、確かに私の大切な部分の一部が死んじゃっている。
この部分の蘇生はきっと無理だろう。
わかってる。
心底。
嫌という程。
よーっっく。
わかってる。
なのに、未だに勝手な希望を妄想して、蘇生を待ってる。
さっさと諦めて、悲しければグリーフワークをしつこいくらいすればいいのだけどね。
どうもこれは無意識のところで諦め切れない負のエネルギーがポコポコと湧き出ているのだろうなぁ。
岡本先生、どうしましょうね。
せっかくご指導いただいたのに、実践できずに玉砕です。

いろんなことを学んで実践して、特に暴力については人一倍学んできたのにねぇ。

今年は夏がなかったのか。
それとも私が仮死状態で気がつかなかったのか。
この調子だと秋の訪れも気がつかないことになってしまうかも。
おい、おい。
この縦長の日本に生れて四季を感じるこころがないとは言いたくないやい。
回復、回復。
早く回復したいよ。
[PR]
by 1193ru | 2009-08-15 19:45 | モロモロ