ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ポテトチップス

朝一番で、新じゃがをいただきました。
八百屋さんには他県の新じゃががたくさん並んでいるけれども、やはり地場のものが一番!
800m離れたご近所さんからいただいた新じゃがは、どれもかわいらしいピンククリーム色。
うれしくて朝食には粉ふきいもを作り、お昼前にはポテトチップスを作りました。
おいしくできたので、ポテトチップスを新じゃがの育ての親のご近所さんへお届けしました。
ポテトチップスを作っている時、新じゃがを育て届けてくれたご近所さんを想いました。
引っ越ししてきてからまだ日が浅いことと、挨拶程度の言葉しか交わしたことがないご近所さん。
それでも、週に一回はこうしてご自分の作った野菜を届けてくれるご近所さんのことを。

昨日は大雨の中、100名程の方々のご来訪がありました。
早朝からお迎えの準備で忙しく、夕方4時にみなさんがお帰りになるまでパタパタと動き回っていました。
100名もいらっしゃると、一番何が大変かと言えば「トイレ」。
女性が80名ちょっとだったので、なおさらです。
トイレに庭に咲いたバラを飾っていましたが、それどころではありません。
トイレの交通整理とコマメに清掃するのが私の大半のお仕事になってしまいました。
最後のお客様をお送りした後、さらに掃除をしたら、私とバラの疲れきった姿が鏡に映っていて苦笑してしまいました。
友人でペンション経営をしているすてきなご夫婦がいらっしゃるのですが、こんな状況の時はいつもお二人を思い出します。
たくさんのお客様を笑顔でお迎えして、快適に過ごしていただく…それをサラリとなさっているお二人を思い力をいただいています。
昨日もそうでした。
遠く離れていて年に1回しかお会いできない方たちなのに、こうして離ればなれの時でも私の大きな支えになってくれています。
そんな友人が、全国に何人もいるなんて私はしあわせ者です。

数日前、出産を迎えた友人がいました。
帝王切開手術の翌日、とてもかわいい女の子の写メが届きました。
あー、なんてかわいいんでしょう。
とろけるようなあま〜いしあわせを全身にまとってやってきた女の子。
かわいくて、かわいくて、何度も写メに見入ってしまいました。

人は、存在しているだけで、きっと必ずどこかで誰かを力づけたり、しあわせにしてくれているんだと思います。

存在が終わっても、きっとコレは続いていて。
ようするに死んじゃっても、ということなのだけど。
私の中にも亡くなった何人もの人達がいて、未だに私を励まし、勇気づけてくれています。
今、生きている人たちと同じように。
遠く離れていても、どこかで誰かに想われ支えとなっている存在の私たち。

過去にすれ違ってもう会えない人たちのなんと多いことでしょう。
会いたくて、会いたくて、恋しくて。
それでももう会えない人たちが、たくさんいます。
今、この瞬間の出会いと過去の出会いが幾重にも折り重なって、たくさんの人たちによって私という存在は作られ生かされているのでしょうね。
[PR]
by 1193ru | 2009-06-12 13:38 | モロモロ