ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

怒濤の4月と那須高原

ご無沙汰していますが、おかわりありませんか?
こちらは、怒濤の4月を走り抜けGW最終日に辿り着きました。
インターネットにアクセスできない日々が続き、ブログにupしたいことが山ほどあったため、悶々とし続けてきました。
でも先ほどようやくWinとMacの整備をして、ネットにアクセスできるようになりました。
本当にご無沙汰にご無沙汰を重ねてしまいました。
関係者のみなさま、大変ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。
友人知人のみなさま、ご心配をおかけしました。私は元気でやってます。
ちょっとまだ不具合があるかもしれませんが、メールとネットがつながり、ようやく、本当にようやく暴力被害女性の支援の仕事が再開できそうです。
当事者のみなさま、連絡が滞りご心配をおかけして本当にごめんなさい。
これでようやくいくつかの団体のHPの更新もできます。
あぁ、本当に大変な迷惑をたくさんの方におかけしてしまいました。

1ヶ月、メールができなかったことでいろいろ考えることがありました。

怒濤のような新生活は心身と時間の余裕を生むことができない程で、セルフコントロールができない自分に失望ばかりしていました。
なんでこんなことになってしまったのかと、ぐたぐたになってしまっていました。
メールができなくなったことで、これまでの仕事がスムーズに進まない状況も出て来てしまい、四面楚歌に拍車をかけました。
本当に情けない程、自分で自分を不幸に追いつめた4月でした。

昨年のこの時期は逆流性食道炎と声帯の炎症で声が出ないというボロボロの体調でした。
今年は、これまでの生活と新たに始まった生活のギャップ、社会的孤立から来る喪失感等で、やはりボロボロでした。
毎年4月は一筋縄ではいかない月のようです(笑)

さて、そんな4月からの脱却と復活のために、今年もGWは那須高原で過ごして来ました。
今年もGarden House SARAさんにお世話になりました。
SARAのみなさんも、ヤギの蕗と小梅も猫のジジとニニもかわらず元気でうれしかったです。
それから、これまた毎年おいしいお夕食をいただくクチーナ・ハセガワさんとアワーズ・ダイニングさんにも寄らせていただきました。
こちらもみなさんおかわりなく、また、すばらしくしあわせなお食事をさせていただくことができました。
毎年のことながら、たくさんのしあわせをたくさんの方々と動物、食事、空間からいただきました。
ありがたいことです。

今年は、新しい出会いもたくさんありました。
亜細亜美術工芸館さんには、すばらしい印との出会いをいただきました。
常々私らしい印と巡り会いたいと願っていたので、ふたつの印との出会いはうれしくてたまりません。
手紙をしたためることが多いので、これからはこの印が活躍することと思います。
次にうかがった時にはまた新たな印との出会いがあるような予感もします。
毎年、ひとつひとつ印を増やす喜びを重ねることができそうで、また那須の楽しみが増えました。

それから、Cafe K さんではおいしいランチとヤギのスーとの出会いをいただきました。
スーは、馬のように走り回り、なんと後ろ足二本で立つという活発なヤギでした。
蕗や小梅、彼女たちの子どものタケオやアズキ(アズキとは、アワーズさんのところで会うことができました!)たちとも違った個性の持ち主のヤギでした。
ヤギたちと交わるようになって3年目。
それぞれの個性がよくわかるようになってきています。
これもまた楽しいことです。
Cafe K さんでは、とても魅力的な鉄の作品とも出会いました。
できればいくつかの作品を連れ帰りたかったのですが、今年は我慢しました。
その作家のお名前と工房の場所をうかがったので、来年はぜひおじゃまをして作品をわけていただけたらいいな、とまた新たな夢ができました。

今回は、茶臼岳に登ったり、大丸旅館の清流露天風呂にも入りました。
そうそう、吊り橋のもみじ橋も渡りましたよ。
今までは美術館やカフェを巡ることが多かったのですが、山に温泉はとても心身に効きました。
那須には名湯が7つもあるとのこと。
来年は、2つくらいの温泉を楽しめたらいいなとまた夢が増えました。

毎年のことながらラッキーなことに渋滞知らずの那須旅行。
今年もまた渋滞に遭うこともなく帰路に着くことができました。
高速で車を飛ばしながら日常に戻る覚悟を強くしていきました。
この生活、まだまだ慣れることはできません。
でも、どっぷり慣れないことも大切であり必要なことなのかもしれないと思うようになって来ました。
地方と都市。
どちらかにどっぷり浸ってしまっては、たぶんバランスが悪くなってしまうことでしょう。
両方に一本ずつ足を置くことが、自分にとっても周囲にとってもベストなのだろうと感じています。
そのバランスがまだ不安定なので、ゆらゆら揺れてしまっていますが、もう数ヶ月もすれば少しは安定して来るのではないかと思います。

それでは今日はこの辺で。
[PR]
by 1193ru | 2009-05-06 22:06 | モロモロ