ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

研修成果

篤姫最終回を見たくて、新幹線を繰り上げ仙台に戻りました。
最終回で放映時間が延長になってたので、50分くらいは見れたかな。
早く戻れてよかったぁ〜。

東京からの新幹線は、行きもそうでしたが帰りもうーんと混んでいました。
研修が終わったので大急ぎで東京駅へ。
はやてを繰り上げて帰ろうと思ったら、夕方ははやてはもちろん他の線も満席ばかり。
ようやく臨時列車のMaxに滑り込み仙台へ帰って来ました。

今回の研修は、いろいろ感じることが多くありました。
どこへ学びに行ってもそこそここなす自分が嫌で、そんな自分を越えて新しい景色が見たいともがく今日この頃。
今回もそんな期待を胸に行ったわけですが、後半からなんだかそつなくこなす自分に嫌悪感いっぱいになって、評価を得れば得る程、周囲の仲間たちから「あなたからパワーをもらった」「一緒に学ぶことができて、たくさんの気づきを得ることができた」と感謝されるたびに、ますます自己嫌悪が深まる始末。
ほめ言葉を素直に受け取れない人間なのかと情けなく思ったり、大好きな自分だったはずなのに、どーしてこんなに嫌になっちゃのかと悲しくなったり…。
会場を後にする時の作り笑顔の自分にうんざりし、どこまで行ったら自分を肯定的に受け止められるのか、いやいやそうではなくて、「どこまで」なんてないわけで、この場で今の自分を受け止めることが自己肯定感に繋がるのにな…とつらつら自責の念が芽生え始め、仲良しと向かった東京駅への道すがら、研修が終わった爽快感や達成感が「0」の自分に愕然として、いやはやいかがなものかとさらに悲しくなって新幹線に乗り込んだのでした。
精神安定剤変わりに茂木健一郎さんと松岡正剛さんの本を立て続けに2冊読み倒し、それでも気持ちが晴れずに降り立った仙台駅。
タクシー乗り場に向かいながらふと目を上げれば、美しいまあるい月がありました。
その月を見たら、東京から悩んで自傷して鬱々していたこと…まぁ、そんな時もあらーなと、ちゃらになっちゃった!
月の美しさで、悩みがちゃら!
あー、こんなこともあるんですね。あはは。
ぱぁーっと視界が明るくなって、月の光が目の奥まで届いて、からだのすみずみまで沁み入って、悩みの嫌な自分がじわーっと溶けちゃったのです。
悩みが小さかったとかそういうことではなく、こんな整理のつき方もあるのだと、こんな整理のつき方も悪くはないなと、しみじみ思ったのでした。

もしかしたら、これが今回の私なりの研修成果かもしれません(笑)
ホントかなぁ〜?

でも今回の東京も、北九州の仲良しと一緒だったから、すごく楽しく充実できました。
どこに行ってもいつ何時も、仲良しに助けられ、支えられ、もり立てられ、癒されている私。そんな仲良しに憧れつつ、いつもしっかり甘えちゃってます。
人に甘えるのが苦手な私。
自然体で甘えることができたのも研修成果のひとつだったかもな〜(笑)
[PR]
by 1193ru | 2008-12-14 21:42 | モロモロ