ご覧いただきまして、ありがとうございます。


by 1193ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地方への相談員派遣

太陽の光が眩しい朝です。
イッタラのイエローカラーを思わせるようなこの空色と輝きにうっとりしています。
そうそう昨日、フィンランドのリビングウエアーメーカーのイッタラの銀座店がオープンしました(イッタラとしては日本初の路面点なのだそうです)。
今まで入手が困難だったシリーズも数多く取り扱っているようなので、12月の出張の時に立ち寄ってみたいと思います。
私は、アラビアやイッタラといった北欧のテーブルウエアが大好きです。
マグカップやお皿を日々愛用していますが、テーブルに並べるだけで、気持ちが明るく楽しくなります。
イッタラのテーブルウエアは、伊万里や粉引きのものとも相性が良く重宝しています。
今朝の空は、まさにティーマ(シリーズ名)のイエローカラー。
食卓だけではなく空までもイッタラのカラーで、とてもしあわせな気持ちになります。

さて今日は、「女性のためのこころのケア講座」の第4回目です。
今日から、一緒に組んでくださるサブファシリテーターの方が毎回変わります。
もちろん、気心の知れた長年一緒に活動をしている仲間なので、これまで通り安心してご参加の皆さんにお話できると思います。
今日のテーマは「トラウマに対応するツール」。
トラウマを理解し、トラウマに対応するさまざまなアイデアをお伝えします。
DVや性暴力の被害経験のある方だけではなく、日常の人間関係での傷つきにも使うことができると思います。
今回も申し込みが殺到し、あっという間に定員オーバーになってしまっています。
このテーマは次年度も行う予定ですが、ニーズの高さから1年に1度きりではなく、何か別の形(講座や講演など)で何度でも繰り返しお伝えしていけないものかと思います。
どこか自治体や団体で企画してくれないでしょうか。いつでもハーティからスタッフを派遣しますよ。特に、都市部ではなく地方。企画して欲しいです。すぐに飛んで行きますから。
そうそう、派遣で思い出しました。
内閣府からの号令(笑)もあり、各市町村でDV相談窓口の設置を検討しているところも多いようですね。でも、残念ながらDV相談ができる相談員は宮城県内にはまだまだ少ないです。正直、都市部の相談機関でも相談員を探すのに非常に苦労している現実があります(お陰さまでうちの相談室は、私の次の相談員さんを2名見つけることに成功しました!)。
DVのわからない相談員を置くことは、その相談員さんにとっても不幸だし地域住民の方にとっても不幸です。
地方の相談機関は、毎日行っているわけではなく週に数回、もしくは月に数回。それであれば、都市部にいるDVに詳しい相談対応ができる人と契約して来てもらうようにしたらいいのではないかと思います。
ラッキーなことに、ハーティには来春から少しスタッフの余裕ができてきます。
自治体のご担当者の中でお考えの方がいらっしゃれば、ハーティ仙台(電話022-225-8801)へご相談いただけたらと思います。
[PR]
by 1193ru | 2008-11-29 07:56 | DV